脳梗塞の症状

- 脳梗塞の症状と基礎知識について解説

脳梗塞症状

高齢者の生活習慣病
 当サイトでは、様々な生活習慣病の中でも高齢者に見られる病気を中心に解説紹介しています。
 このページでは、脳梗塞(のうこうそく)について解説しています。脳梗塞は誰でもなりうる病気ですが、特に中年から高齢になると注意したい病気です。そして、脳梗塞はとても危険な病気なのです。ですから脳梗塞について理解し、脳梗塞の症状・原因・治療・検査や、さらに気になる色々な情報・基礎知識などから、脳梗塞を早期発見・予防できるようにしましょう!
 脳梗塞について知りたい方のために当サイトが少しでもお役にたてると幸いです。
高齢者の生活習慣病
トップページ
脳梗塞 一覧へ 脳梗塞の症状@
 スポンサーリンク
     脳梗塞の症状・後遺症@


 脳梗塞の症状・発作・後遺症は、脳のどの場所の血管が詰まったか(梗塞したか)によって様々なものが現れます。

 また、梗塞したことにより脳細胞へ影響があった範囲の広さなどにも関係してきます。

 脳には、どの部分がどの様な機能をつかさどっているのかが決まっていますので、脳梗塞により起こる症状・発作によって、脳のどの部分に梗塞が起きているのかがある程度判断できます。

 脳梗塞の場合、一般的には突然の麻痺(まひ)が最初の発作として起こることが多いです。

 脳梗塞になるとよく見られる症状・発作・後遺症は、「運動障害」、「感覚障害」、「言語障害」、「視野障害」、「めまい」、「運動失調(うんどうしっちょう)」、「複視(ふくし)」、「失行(しっこう)」、「失認(しつにん)」、「健忘(けんぼう)」、「頭痛」、などいくつかのものがありますので、くわしく見ていきましょう。


※脳梗塞の前兆・前触れに関しては「脳梗塞の前兆・前触れ@」、「脳梗塞の前兆・前触れA」、「脳梗塞の前兆・前触れB」のページをご覧下さい。

※脳梗塞の種類別の症状に関しては「アテローム血栓性脳梗塞とは?」、「ラクナ梗塞とは?」、「心原性脳梗塞症とは?」のページをご覧下さい。



運動障害

 脳梗塞の運動障害とは、顔を含む体の左右のどちらかの手足(半身)が麻痺(まひ)する片麻痺(かたまひ)です。脳梗塞の発作として片麻痺はよく見られるものです。

 運動障害は、大脳の運動中枢(うんどうちゅうすう)や大脳・脳幹の運動神経の経路が障害によりおかされると起こります。

 麻痺の程度は、まったく動かすことができなくなる重いものから、手足の先の細かい動きがうまくいかない軽いものまで様々です。

 症状の程度にもよりますが、リハビリテーションにより改善できる場合もあります。ただ、手足の先の麻痺は残ってしまうことが多いです。



感覚障害

 脳梗塞の感覚障害とは、体の半身の感覚が鈍くなったり、しびれや痛みなど、感覚に関する症状が突然起こります。しびれや痛みは、なかなか治りにくい後遺症です。

 ほとんどの場合、感覚障害は片麻痺と同じ側に起こります。



※次のページ「脳梗塞の症状・後遺症A」へ続く・・・・

スポンサーリンク


次のページ「脳梗塞の症状・後遺症A」へ進む
前のページ「脳梗塞の原因D〜その他の原因」へ

脳梗塞 一覧へ

高齢者の生活習慣病 トップページへ


高齢者の生活習慣病
動脈硬化
高血圧
高脂血症
糖尿病
肥満
メタボリックシンドローム

脳卒中
脳卒中
脳梗塞
脳出血
くも膜下出血

心筋梗塞・狭心症
心筋梗塞
狭心症

がん(癌)
がんの知識T基礎
がんの知識U治療
がんの知識Vその他
種類別のがん
肺がん
胃がん
大腸がん
肝臓がん
すい臓がん・胆道がん
食道がん
悪性リンパ腫
白血病・多発性骨髄腫
膀胱・腎臓・副腎がん
咽頭がん・喉頭がん
口腔がん(舌・歯肉がん)
脳腫瘍・甲状腺がん
皮膚がん
骨肉腫・軟部肉腫
種類別 女性のがん
子宮がん・絨毛がん
乳がん
卵巣がん・膣・外陰がん
種類別 男性のがん
前立腺がん・精巣がん
Copyright (C) 高齢者の生活習慣病 All Rights Reserved